北中城村社会福祉協議会

第2陣福島県新地町災害ボランティアセンターサポートへ「北中城YORISOI隊♡」-2

その他のボランティア活動としては、住宅の瓦礫の掃除や、地元新地高校の生徒のみなさんと一緒に、町の側溝約800メートルを30人のボランティアでドロ出しを行いました。地元の高校生がニーズ調査をし、ボランティアセンターと調整をして活動につなげたケースで、地元をよくしたい!自分達のできることから動く!という姿に感動でした。

私たちよりそい隊としても新地に元気を届けることも活動のひとつでしたが、逆に新地高校の生徒のみなさんから元気をいっぱいもらいました。高校生のほとんどが家を流されていて仮設住宅での生活をしているとのことで、とても大変な生活の中でも自分のできることを!できる範囲で動く!ことの大切を改めて教えて頂きました。

今回の活動を通して、新地町の地域や行政の連携の素晴らしさ、復興の速さを改めて実感しました。震災からもうすぐ4ヶ月になりますボランティアセンターのコンセプトもリピーターを増やすコンセプトになっており、多くのみなさんが、新地と寄り添いながらボランティア活動していることにうれしくなりました。災害ボランティアセンターとしては今後、仮設住宅支援に移っていくとのことでした。約2年間の仮設住宅での生活になるとのことなので、どのような支援があるのかを私達も考えてできることから実践していきたいです。

私たち北中城よりそい隊としては今後、新地に沖縄の元気と癒しをお届けしていき、継続支援を実践していきたいと考えております。第3陣は沖縄県災害救助犬協会とコラボして仮設住宅でのセラピー犬との交流や北中城村青年会のメンバーと一緒にエイサーで元気をお届けできたらと考えております。

最後のひとりまで寄り添う気持ちで北中城村から継続的な支援を続けていきたいと思います。新地町の復興を北中城村からいつも応援しています。感謝一念。


ページ上へもどる